検索
  • milvus cap

静内農業高生の生産したサラブレッドが2,500万円で落札されました。

【新ひだか】全国の高校で唯一、競走馬の生産実習を行う日高管内新ひだか町の静内農業高の1歳馬が25日、同町で開幕した競り市「サマーセール」に上場され2500万円で落札された。同校は20年間、生徒が世話したサラブレッドを上場してきたが、これまでの売値は最高で約500万円。生徒たちは「信じられない」「努力が認められた」と喜んだ。(北海道新聞の記事より)

今年の北海道市場は新型コロナウイルス対策を実施した上でのセールの催行ですから、一般見学者の入場は除外されております。昨年のマドリガルスコア18×父エスケンデリアは落札価格340万円でしたから、父マクフイに変わって、筋肉のしまった好馬体に変化を遂げたのでしょう。地元にとって、明るい大変おめでたいニュースです。

毎年、生産学科の生徒さんが馬の愛称をつけていて、この馬は「健叶」と呼ばれ可愛がられていたそうです。昨年のキャプテンは由仁町から、副キャプテンは神奈川県藤沢市から馬の生産を目指した留学生でした。いろいろなところから静内農業高校生産学科を目指して、新ひだか町にやって来られます。今年の生徒さんの成果が、大きなニュースとなり、

また竹園オーナーの力を借りて全国に広がっていただけることを期待しております。

(写真は北海道新聞より)

3回の閲覧
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagram

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。